茅野市のビジネスホテル「ホテルわかみず」の周辺マップ

ホテルわかみず周辺マップ

マップ

ホテルわかみず周辺地図  
茅野市運動公園
八ヶ岳
蓼科高原
白樺湖
諏訪湖
諏訪大社
 
ホテルわかみず周辺の詳細地図はこちらから→

インフォメーション

茅野市運動公園について(茅野市)

茅野市運動公園 充実した設備で選手強化に優れた環境
茅野市運動公園は、 33.8ヘクタール という広さを誇り、園内には総合体育館、野球場、陸上競技場、自由広場、プール(夏期)、スケート場(冬期)など、各スポーツに対応した施設が整っています。 また市街地に隣接しながらも自然が残り、散策にも適しています。 芝生広場やせせらぎといった心なごむ場所もたくさんあります。
ホンドリスも住んでいます。運が良ければ散策や、スポーツの途中で、出会えるかもしれません。 ☆ 詳しくはこちらから→ 

八ヶ岳について(茅野市)

八ヶ岳 四季折々の大自然で心も体もリフレッシュ!
八ヶ岳(やつがたけ、八ケ岳 とも表記される)は、長野県の諏訪地域と佐久地域および山梨県の境にある山塊。南北30km余りの山体で、大火山群です。 そして、日本百名山の一つです。「八ヶ岳」は長野県と山梨県にまたがる山塊の総称であり、山そのものに八ヶ岳と名付けられた山は存在しません。 「八ヶ岳」の由来は、「八百万」などと同じように、山々が多く連なる様子から「たくさん」という意味で「八」としたとも、幾重もの谷筋が見える姿から 「 谷戸(やと)」にちなんで名づけられたとも、文字通り八つの峰に見えるからとも、複数のいわれが存在しています。

蓼科高原について(茅野市)

蓼科高原
↑ 蓼科高原 芸術の森 彫刻公園
日本屈指の高原で爽やかな風を・・・
蓼科 (たてしな) は、長野県中部、山梨県境にそびえる、標高 2,500〜2,800m の峰が連なる八ヶ岳の西麓、 茅野 (ちの) 市の北部に広がる、 標高 900m 〜 1,800m の 低山〜亜高山地帯 に広がる高原です。
冬は非常に軽い良質の雪となるため、スキー、スケートなどのウィンタースポーツに好適です。 最近では、スノーシューや、 テレマークスキーなどに取り組まれている方も増えつつあるようです。
八ヶ岳登山のベースとして利用される方や、その標高、環境から、 豊富な山野草、野鳥をはじめとする野性生物、自然観察やスケッチ、 自然写真などを楽しむ方も多くおられます。

白樺湖について(茅野市)

白樺湖 爽やかなドライブコースは有名です
蓼科牧場から南西へと少し車を走らせると箕輪平。緑の葉と白い木肌のコントラストが美しい白樺が林立し、爽やかな高原ムードを漂わせています。 さらに車を走らせると、もうひとつの高原の湖、白樺湖が迎えてくれます。湖畔にはホテルやショップ、レジャー施設が並び、女神湖とはまた違った華やかさに包まれています。
白樺湖周囲にはリゾートホテルやショップが建ち並び、湖畔に広がるアミューズメントパークではパターゴルフ、マレットゴルフ、 温水プールなどスポーツ施設 も充実。他にテニス、ゴルフ、ハイキング、サイクリング、釣り、スキーと高原スポーツを存分に楽しめます。また温泉、美術館もあります。

諏訪湖について(諏訪市)

諏訪湖 山々に囲まれた湖で散策などいかがでしょう・・・
諏訪盆地の真ん中に位置する諏訪湖は、海抜759m、湖周15.9km、面積13.3km2の長野県一大きな湖。かりんや桜の並木に彩られ、湖畔では散策やジョギング、 湖上ではボートや釣りを楽しんだり…と、人々の憩いの場として親しまれています。四季折々、様々な魅力にあふれていますが、 中でも夏の諏訪湖は花火一色。音と光の競演をご覧ください。
休日には遊覧船やボートでにぎわう諏訪湖。伸びやかな大空、雄大な山々…開放感いっぱいの素晴らしい景色に包まれながら諏訪湖遊覧を。亀や白鳥をかたどった大型遊覧船があり、 船内はゆったり快適。子ども達にも好評です。

諏訪大社について(諏訪市・下諏訪町)

諏訪大社 数ある諏訪の歴史の代表的存在
お諏訪様と呼ばれる諏訪神社の総本社。上社と下社があり、上社が本宮(諏訪市)・前宮(茅野市)、 下社が秋宮・春宮(共に下諏訪町)に分かれる二社四宮で鎮座しています。上社は建御名方神を祭神とし、古くは風の神、 水の神、農耕・狩猟の神として信仰を集めていました。
中世以降は東国第一の軍神として崇拝され、名将たちが全国各地に分霊を持ち帰ったとされています。そのため全国に一万余りの御分社が祀られています。 諏訪造りと呼ばれる本殿をもたない建築様式で、社殿と神宝は国の重要文化財に、社叢は県の天然記念物に指定されています。